THE SALONについてザ サロンについて

サロンについてわかりやすくご紹介します。

  1. アクセス

  2. ご予約から施術までの流れ

  3. サロン内のご紹介

しわたるみ

たるみ・しわが気になる

こんな方におすすめ

  • フェイスラインのたるみが気になる
  • 全体的に疲れたお顔の印象がある
  • ほうれい線が目立ってきた
  • 肌のハリ感が減ってきた

年齢とともに現れやすい「しわ」と「たるみ」は、代表的なお肌のエイジングサインのひとつ。

特に目元・口元・フェイスラインの「しわ」と「たるみ」は見た目の印象に大きな影響を与え、実際の年齢より何歳も老けて見えてしまうこともあり、多くの女性が悩んでいます。

そんな「しわ」と「たるみ」の原因、実は一つではありません。ご自分のお悩みの原因を知り、効果的な対策をしましょう。

1・たるみのメカニズム

たるみは外的要因内的要因の2つがあります。

【外的要因】
肌水分の低下による乾燥や、紫外線(UV-A波)のダメージで肌を支えるコラーゲン・エラスチンを作る細胞(線維芽細胞)が傷つき、ハリ・弾力が減る。

【内的要因】
内的要因は3つの場所に原因をもつケースが多いです。

①肌の内部・真皮
加齢により20代から真皮のコラーゲンやエラスチンが減り肌のハリ・弾力が失われる。
⇒主な対策:ビタミンA、ビタミンC、紫外線対策、糖化(体のコゲつき)対策

②脂肪・筋膜
加齢により脂肪・筋膜が緩み、下垂したため肌を支えれれずたるみとなる。
筋肉が拘縮・肥大し、皮下組織を含む顔全体の土台組織の構造が加齢によって変化する。
⇒主な対策:ハイフ、RF高周波、ヒアルロン酸注射、吸収糸による引き上げ

③骨
土台となる骨格が損失・後退。⇒骨のボリュームダウン、歪み
⇒主な対策:骨格調整、栄養管理(サプリメントによる補完)

たるみの原因は肌のそれぞれの層で起こっており、年齢を重ねるほど、肌の深層部(土台)からのケアが必要となります。

2・シワのメカニズム

しわは「表情じわ」「乾燥じわ」があり、「乾燥じわ」はその原因が起きてる場所によって「表皮性のしわ」「真皮性のしわ」の2種類に分類されます。

「表情じわ」は顔の動きによってできるしわで、若い頃は表情が戻れば見えなくなりますが、加齢により、表情が戻ってもしわが残るようになります。「乾燥じわ」の「表皮性のしわ」は肌表面の角質層の水分不足が原因でできる浅く、細かいしわです。

一方の「真皮性のしわ」は肌の内部、真皮にある肌弾力を支えるコラーゲンやエラスチンの減少・変性により、お肌の弾力が失われてできる深いしわ

主な原因は紫外線によるダメージや、加齢、顔の筋肉の衰えです。

当店で行うケアの一例紹介(たるみ・シワ)

当店ではたるみの原因である、表皮と真皮のコラーゲン・エラスチンに対しての働きかけを第一に行います。

その一つとして、高濃度レチノールを用いて薄くなった表皮のターンオーバーを促進すると共に、真皮のコラーゲン・エラスチンの増殖を促します。

また、コラーゲン・エラスチンの伸縮性を妨げる糖化(体のコゲ)や、コラーゲン・エラスチンを破壊する酸化(体のサビ)の対策をとります。

同じく紫外線、特にA波も真皮に悪影響を引き起こすので、日々の紫外線対策が正しく行えているか、実践しながら見直しを行います。

筋膜が原因のしわ・たるみは直接働きかけるハイフを推奨します。ハイフもプラン内でご提案しておりますので、ご相談ください。

レーザー・注入・糸による対策はクリニックでの治療となります。骨格調整は当店では行なっておりませんので、申し訳ありませんが上記2点が原因のたるみに関しては他院・他店をご利用くださいませ。

症例・お客様の声のご紹介

【ニキビ・シミ症例】49歳

【ニキビ症例】23歳

【シミ症例】70歳

【敏感肌症例】30歳

【シミ(肝斑)症例】60歳

【敏感肌症例】1歳

最近の症例・お客様の声

  1. 登録されている記事はございません。