THE SALONについてザ サロンについて

サロンについてわかりやすくご紹介します。

  1. アクセス

  2. ご予約から施術までの流れ

  3. サロン内のご紹介

シミ・肝斑

シミ・肝斑が気になる

こんな方におすすめ

  • シミが気になる
  • 肝斑をどうにかしたい
  • くすみが気になる
  • 透明感のある素肌になりたい

気がづいたら「顔にシミができていた・・・」と感じることはありませんか?
シミは肌の内部で発生するトラブルです。
「今は見えてないから大丈夫」ではなく、トラブルとして現れる前に予防しましょう。

1・シミとは

肌で作られる”メラミン”という黒い粒子が付着したものをいいます。
主な原因は紫外線といわれており、摩擦や刺激でできるものや、ホルモンバランスの乱れからくる女性特有のものなど、様々な種類があります。

2・老斑のメカニズム

一般的に「シミ」と呼ばれているのが、紫外線が原因の「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」です。
濃淡や大きさに違いはあるものの、境界線がくっきりあるシミの代の代表格

主な原因の80%は紫外線で、過去に受けた紫外線により細胞が炎症し、炎症した細胞が集まって現れます。
紫外線や摩擦などは、何かしらの”刺激”は「メラノサイト」というシミの素となる細胞に影響を与え、肌を守ろうと「メラニン」を増加します。

本来お肌の入れ替え(ターンオーバー)が整っていれば、メラニンは排出されますが、紫外線を浴びすぎたり、ターンオーバーのサイクルが乱れたりすると、メラニンが表皮に蓄積されてしまいます。これが「シミ」になるメカニズムです。

3・肝斑のメカニズム

肝斑は左右対称・広範囲にでやすいシミ。紫外線が原因のシミ(老斑)と違い、肝斑は元々もっていた”体質”が原因です。
シミを作る細胞(メラノサイト)の性質が違います。(=炎症性メラノサイト)肌にシミとして現れるきっかけは妊娠などのホルモンバランスの変化が原因の方が多いです。さらに肌刺激により、悪化していくケースもよくご相談いただきます。

とにかく刺激NGなので、肝斑への理解がないサロンへ行くとより悪化する可能性もあります。一口に「シミ」といっても老斑か肝斑かによって改善策が大きく変わるので肌問診カウンセリングでの見極めは重要となります。

当店で行うケアの一例紹介(老斑・肝斑)

肌細胞を作るお母さん細胞(基底細胞)が年齢だけ年をとり、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が停滞。色のついた細胞が動かずに止まってしまっている状態がシミです。

ですので、このお母さん細胞を動かして、細胞の動きを元に戻すプランを組み立てます。

肝斑は老斑と併合しているケースが多いので、スタート時にはまず老斑を動かすために細胞を動かします。お一人おひとり肌状態は異なるので、肝斑の動きを見ながら調整し、老斑の排出が終わったところで細胞活性はストップ。

その後、肝斑の原因である炎症を抑えるために集中的にハイドロキノンなどを用いた美白ケアを行います。

症例・お客様の声のご紹介

【ニキビ・シミ症例】49歳

【ニキビ症例】23歳

【シミ症例】70歳

【敏感肌症例】30歳

【シミ(肝斑)症例】60歳