THE SALONについてザ サロンについて

サロンについてわかりやすくご紹介します。

  1. アクセス

  2. ご予約から施術までの流れ

  3. サロン内のご紹介

シミ・肝斑ニキビ全症例

【ニキビ・シミ症例】49歳

症例概要

  • 49歳女性
  • ニキビ+シミ(老斑)
  • 水素による抗酸化ケア有り
  • ビタミンC7%〜30%使用
  • 体質改善のためインナーケア強化
  • ハイドロキノン不使用(αアルブチン、フラーレン、ギガホワイト使用)

炎症ニキビとシミ(老斑)が同時に出ている症例です。

ニキビは他のお悩みより少しお時間がかかるため、経過(8ヶ月)では先にシミ(老斑)に動きがでています。

ハイドロキノンは最強の美白剤として人気ですが、100人に1人の割合でアレルギー反応を起こす成分でもあります。
よってこちらの症例ではハイドロキノンは使用せず、αアルブチン、APPS、ギガホワイトで美白ケアを行なっています。

ハイドロキノン不使用でも十分改善結果は出ますし、プラスしてフラーレン、ピクノジェノールなどの抗酸化成分も入れているので総合的なエイジング効果が高いです。

ニキビは肌質改善と共に体質改善も重要なので、インナーケアの強化もいたしました。

スタート時

経過(8ヶ月後)

経過(2年1ヶ月後)

お客様のお声

初めてサロンに通い始めたきっかけは、大人ニキビ、シミなどの悩みを抱え、何とかしたいと思ったからです。

お手入れを始めてみましたがなかなか良くならず悩んだことをよく覚えています。それでも先生方はお手入れの仕方を変えては熱心に教えてくれました。

私に合ったお手入れ方法でみるみる改善し、ニキビも落ち着き、シミも薄くなり、肌が変わってきたのを実感し、本当に嬉しくなりました。

いつも親身になって相談にのってくださった先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。目標のノーファンデまでこれからもお手入れを続けていきたいです。

(お客様個人の感想です)

その他の症例紹介

【ニキビ・シミ症例】49歳

【ニキビ症例】23歳

【シミ症例】70歳

【敏感肌症例】30歳

【シミ(肝斑)症例】60歳

【敏感肌症例】1歳

最近の症例・お客様の声

  1. 登録されている記事はございません。